サービス,  顧客体験

Beatsxが使えなくなった僕がAppleのカスタマーサービスにただただ感銘を受けた話

ワイヤレスイヤホン×満員電車

世の中、ワイヤレスイヤホンユーザー増えましたよね。ひと昔前と比べて、耳からうどん垂らしてる方が明らかに増えた気がします。ワイヤレスイヤホンの中でもAirpodsを代表とした独立型のイヤホンを愛用しているユーザーが東京では多く目にするようになった気がします。

僕も17年12月にJBL社初の完全独立型ワイヤレスイヤホンJBLFREEをニュースリリースと同時に予約し買いました。これはまぁ音切れが酷く、使い物にならなかった為、即メルカリ行きとなりました。失敗した買い物です、、、

そんな経緯もあり、昨年から僕はBeatsXを愛用してます。

理由は明確で、僕のライフスタイルでの使い方を考えたときに、ワイヤレスの要素は外せないけど、完全独立型である必要はないなと。むしろ首の後ろで繋がっててくれた方が人と会話するときにぶら下げることができて便利じゃね?と考えた為です。

また、iphone・MacBookユーザーなのでその機器との相性が良さそう。というのが判断を左右した要素でした。

BeatsXの右耳が聴こえなくなる

そんな僕のBeatsXですが、先日右耳からの音がピタリと聴こえなくなってしまいました。。。

ネットでググるとどうやら、線の中で断線してしまった模様・・・大切に扱ってたはずなのに・・・何故・・・割と良い値段したのに・・・涙

という事態に。まだ購入から1年経っていなかった為、保証が効くだろうと思いサイト参照。

Appleで初めてのチャット体験

チャットサービスに辿り着くまでがやや苦戦するのですが、試行錯誤でポチポチしてるとチャットサービスが起動されます。

その後の対応がマジでシームレスでした。製品のシリアルNOをヒアリングされて以降、不具合の状態を答えやすい聞き方で質問してくれます。

チャットサービスが終了するとこのような形で速やかにSMSが届き、いまの対応状態をワンクリックで参照する事ができます。URLに僕の対応状況を示すパラメータが付与されており、面倒なログイン等は一切不要◎

AppleカスタマーサービスSMS対応

修理状況のURLをポチッとするとこんな感じで参照出来ます。めっちゃわかりやすい。

Appleカスタマーサービス進行状況

話が前後してしまいますが、チャットでの問合せ後2日でヤマトの配達員さんが自宅まで僕のbeatsxを引き取りに来てくれました。わざわざApple Storeに行く必要が無いのもありがたかったです。

Appleカスタマーサービスの価値

結局、チャットでの問合せから修理され復活したbeatsxが手元に届くまで7日間でした。この7日間というのが価値だなと。

Apple Storeにで向かないと対応頂けない等の制約があると、そもそも出向けるスケジュールを引いて・・・等々でこのスピードでの対応は現実的に難しい面があると思います。

一方で、今回のようにチャットベースでまるで店頭で話を聴いていただけているかのように状況を細やかにヒアリング頂き、商品自体も自宅まで取りに来ていただけると、一気にキャッチボールのスピードが加速することを体験することができました。

今後の意思決定に左右する経験に

僕はiphone7、MacBookProとを愛用してるのですが、Apple信者というわけではありません。

使用開始から3年が経とうとしているiphone7の次はGoogle pixel4にしようかな?とも考えてました。

しかしながら、今回の体験を通し僕の中のApple株が高騰中でして、iphone11を買っちゃうかもしれません。笑

という事で、僕のようにbeatsxが聴こえない等のトラブルを抱えている方は是非Appleのカスタマーサービスへ。beatsxでなくてもApple製品ならなんでもですね。

僕もお客さんの期待を超える仕事にチャレンジしたいな◎

北海道生まれ北海道育ち。 就職を機に2012年上京。現在は、国分寺に妻と子供とポメラニアン3頭と暮らすメーカー勤務会社員。